プレゼン・スピーチ本番で会場入りするベストなタイミングは?

 

こんにちは。

シリユウです。

 

今回は「プレゼン・スピーチ本番で会場入りするベストなタイミング」についてお伝えします。

 

あなたは社外の企画やセミナーでプレゼンやスピーチを行うことになりました。

 

しかし、当日を迎え、会場にいつ到着するのがベストなのか、入った後は何を確認すればよいのか分からないことがありますよね。

 

会場に到着するタイミングとして、早過ぎる到着は会場の運営者や管理人に迷惑が掛かりますし、

 

交通渋滞などで遅れてしまうなんてことがあってはなりません。

 

そこで「プレゼン会場に到着するベストなタイミング」が重要になってきます。

 

プレゼン会場に入るにあたり、あなたは以下のように考えているのではないでしょうか。

 

・いつ会場に到着するのがいいのか。

・プレゼンターである自分が会場入り後、どんなことを確認すればよいのか。

・会場への到着が早過ぎたり遅過ぎたりしないために、どんな対策を打つべきなのか。

 

このように、会場の到着タイミングに関して分からないことが多いですよね。

 

しかし、今回の記事を読むと、会場に到着するベストなタイミングを知ることができます。

 

例えば、

 

・会場入りするまでに起こりうる問題を想定することができる。

・会場へのベストな到着タイミングを知ることで、周りへの配慮ができる。

・会場に入った後にどんな点に気をつけるのかを知ることができる。

 

といった結果を得ることができます。

 

この記事を読み進めると、プレゼン会場に入るベストなタイミングを理解することができます。

 

特に、スムーズに会場入りしたいあなたにとって必見です!

 

~目次~

  1. 会場入りするベストなタイミング
  2. 会場入り後に気を付けること
  3. まとめ 

 

 

プレゼン会場に入るベストなタイミング

 

あなたがプレゼンターもしくはスピーチを行うことになった際、いつ会場入りするのか知ることができれば、

 

急な問題にも落ち着いて対応することができますね。

 

プレゼン会場に到着する時間は、発表開始1時間前を目安にしてください。

 

1時間前に到着しておけば、来場者の視点で会場を一通り見て回ることができます。

 

到着が早過ぎると運営側に迷惑がかかってしまいます。

 

また、交通渋滞に巻き込まれて時間ギリギリの到着では、本番のパフォーマンスに影響します。

 

私も発表会場には1時間ほど前に到着し、会場の雰囲気を感じ取ったり、会場周辺を歩き回って気持ちを落ち着かせていたりしています。

 

 

会場入り後に気を付けること

 

会場入り後は、すでに周りから見られていることを意識するようにしましょう。

 

たいていは、会場の隅の方に座ってメールチェックやスライドに見直しといったことを行うと思います。

 

もちろんそれもOKです。

 

しかし、その行動はもったいないと私は考えます。

 

理由は、主観的に捉えると発表時間までに自分は注目されないと思っているからです。

 

話し手であるあなたのパフォーマンスはもう始まっています。

 

会場に入った瞬間からあなたと聞き手のコミュニケーションは始まっています。

 

この時、落ち着いた雰囲気や自信を醸し出すようにしてください。

 

それが聞き手の印象に残るからです。

 

この時持った印象が、後にあなたがプレゼンを通して伝えるメッセージの最初の一つとなって、

 

その会場におけるあなたの価値を上げる要素になります。

 

あなたに対してどれほど好感を持てるか、聞き手はそのサインを探していることを忘れないでください。

 

 

まとめ

今回は「プレゼン・スピーチ本番で会場入りするベストなタイミング」についてお伝えしました。

 

この記事を読んで、あなたにはプレゼン会場に一時間前に到着することをしてもらいます。

 

その後、事前確認等を行い、落ち着いた雰囲気を出すようにしましょう。

 

他にも役立つ情報をお伝えしていますので、コメントお願いします。

 

↓無料特典も配信中!

発表が苦手な私がプレゼンのコツを実践して自信が持てるようになり、人前で堂々と振舞うことができるようになった方法

どんな場面でも「信頼される」「評価が上がる」「議論にも強くなる」…

そんなあなたに変わることができる内容となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。