緊張しやすくあがってしまういつもの自分から抜け出す3つの方法

こんにちは!シリユウです。

 

今回は、「緊張しやすくあがってしまういつもの自分から抜け出す3つの方法」についてお伝えします。

 

すぐに緊張したりあがったりするいつもの自分を変えたいです。

人前に強くなったシリユウです。普段の生活の中で簡単に実践できるトレーニングがありますよ!

 

あなたは緊張しやすく恥ずかしがり屋な自分に対して、以下のようなことを経験したことはないでしょうか?

 

・話しかけることがとても苦手ですぐに萎縮してしまう

・緊張しやすい自分を変える方法が分からない

 

このように、いつもの自分を変える方法に関して悩みをお持ちですよね。

 

しかし、今回の記事を読むと、

 

・緊張で上がりやすい自分を変える方法が分かる

・日常生活で実践可能な行動集を学ぶことができる

 

といった結果を得ることができます。

 

この記事を読み進めると、いつもの自分を変える方法を学ぶことができます。

 

特に緊張しやすく人に萎縮してしまうあなたにとって必見です!

 

~目次~

  1. 人に道を尋ねるトレーニング
  2. 一番に手を挙げて質問する
  3. 映画館で自信をつける意外な方法
  4. まとめ

 

 

人に道を尋ねるトレーニング

あなたは初めて行く場所で、道が分からないという経験はありませんでしたか?

 

今ではスマホのマップアプリで簡単に調べることができますね。

 

しかし、いつもの自分から抜け出すためにはとにかく人に聞くことをお勧めします。

そして、相手を見るクセをつけることが重要です。

 

この際分かる道、分からない道なんてどっちでもいいんです。

 

初対面の人に話しかける良いトレーニングになります!

 

「すみません。○○駅まで行くためにはどうすればよいでしょうか?」

 

など、相手を観察してあなたが話しかけやすそうだな、と思う人に声を掛けていきましょう。

 

んー、やっぱり恥ずかしい!無理!って人には

 

「すみません。○○駅はこちらの道で合っていますか?」

 

というように、イエス・ノーで答えられる尋ね方から取り組んでみてください。

 

私も初めての地なんかはスマホあっても迷うことありますから、積極的に人に聞くようにしていますよ。

 

それからハードルを上げて同性、異性、複数人へと相手の層を広げていくといいですね!

 

尋ねた後は、必ず相手の目を見て話を聞くようにしましょう。

 

最後は「ありがとうございました!」と感謝の言葉を忘れないように。

 

相手はきっとあなたの役に立つことができ、悪い気はしないはずです。

 

-ポイント-

・あなたが声を掛けやすそうな人から始める。それから恥ずかしがる異性や苦手なタイプに広げる

・相手の話を聞くときは目を合わせる

・最後はお礼を笑顔で明るく言う

 

 

一番に手を挙げて質問する

プレゼンテーションや発表会、セミナーなどでは必ずと言っていいほど質問時間があります。

 

苦手な人も多いのではないでしょうか?

 

私も大の苦手でしたね。する方もされる方もです。

 

しかし、「質問はありませんか?」と言われたら、一番に手を挙げることをお勧めします

 

この「一番」にというのがトレーニングには持ってこいの内容で、まず間違いなく指されます

 

質問する内容はそんなに気にしなくていいです。

上手いこと質問しないといけない、変なこと言わないようにしないといけない…

 

そういうことは考えずに、まずは手を挙げて何かを話すことに集中してください。

 

この時重要なのが、あなたが「見られる側」になるのではなく「見ている側」になるという意識を持つことです。

 

「この質問で講師はどんなことを答えるのかな?」などを考えるようにします。

 

-ポイント-

・質問の内容は気にせず、真っ先に手を挙げる

・あなたは「見ている側」であることを意識する

 

  

映画館で自信をつける意外な方法

いつもの自分から抜け出すための3つめの方法として、映画館があります。

 

映画館!?なんで?と思うかもしれません。

 

実は、あなたの緊張やあがりのトレーニング場所として最適な場所なのです。

 

シアターに入った後、一番前の席に立って観客席を見渡してください

出来れば人が入った後の方がいいです。

 

当然たくさんの視線を浴びますね。それに慣れることがポイントです。

 

一人ひとりに注目し、「見ている側」になることを意識してください。

 

萎縮してしまうかもしれませんが、ここはトレーニングとしてやりきりましょう。

 

知人や恋人を探すふりをするのもいいですね!

変な目で見られるかもしれませんが、その人とは再度会うことは限りなくないので気にしなくていいです。

 

私はシアター内に入ると、席を探すふりをして前から眺めることを行なっていました。

 

緊張しますが、慣れてきます。

一度の上映で2回はできるとグッドですね。

 

-ポイント-

・シアター内に入ると、前から観客席を眺める

・2回は行い、人からの視線に慣れる

 

 

まとめ

今回は、「緊張しやすくあがってしまういつもの自分から抜け出す3つの方法」についてお伝えしました。

 

これを読んだあなたには、次のことを実践していただきます!

 

①人に道を尋ねる。話しやすそうな人から始め、異性、複数人と広げていく

②プレゼンテーションやセミナーでは最初に手を挙げる。この時。「見ている側」ということを意識する

③映画館では前に立って観客席を眺め、視線に慣れる。一度の上映で2回行うようにする

 

これによって、あなたはいつも緊張して萎縮していた自分から抜け出すきっかけを得ることができます。

 

他にもプレゼンテーションやスピーチに役立つ様々なことを発信しています。

 

どんどんコメントお願いします!

 

↓無料特典も配信中!

発表が苦手な私がプレゼンのコツを実践して自信が持てるようになり、人前で堂々と振舞うことができるようになった方法

どんな場面でも「信頼される」「評価が上がる」「議論にも強くなる」…

そんなあなたに変わることができる内容です。

無料特典はいつ終了するか未定なので、お早めにどうぞ♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。