本番であがってしまうあなたへ~緊張や不安を1/2にするメンタル調整法~

 

こんにちは。シリユウです。

 

今回は、「緊張や不安を半分にするメンタル調整法」についてお伝えします。

 

これを読んでいるあなたは、人前に立った際、胸がドキドキしたり、声が裏返った経験があると思います。

 

私も学生の頃、研究発表の時に、大勢の教授や准教授などがいる部屋で発表したあの会場にのまれる感覚は、今でも忘れていません。

 

質問がバンバン来るので、頭が真っ白になっていたことはここだけの秘密です。

 

そうした経験から、本番で実力を出し切るためのメンタル調整法についてお伝えします。

 

会社で顧客相手に案件を説明することになった人や、学生で研究発表を明日に控えたあなたは、次のようなことを考えていませんか?

 

・企画内容を顧客にプレゼンし、内容がしっかり伝わらない。

・偉い人が出席する会議で、緊張してあがってしまい、言葉に詰まる。

・卒業研究の発表を控えているが、不安で仕方がない。

 

しかし、今回の記事を読んで、緊張や不安を半分にするメンタル調整法を身に付けると、

 

・企画内容に関して手ごたえのあるプレゼンを行うことができる。

・会場の雰囲気にのまれることなく発表できる。

・結果に対する不安や緊張を消すことができる

 

といった結果を得ることができます。

 

この記事を読み進めると、人前での発表の際に感じる不安や緊張を1/2にすることができます。

 

緊張感が1/2になるだけでもかなり大きいです。

 

特に視線による恐怖を感じる、居心地の悪さに敏感だ、あがりやすい、といったあなたにとって必見です!

 

~目次~

  1. 緊張・不安について
  2. イメージで自分を大きくする
  3. 「混乱法」を用いたメンタル調整法
  4. まとめ

 

 

緊張・不安について

 

まず始めに、緊張や不安について言えることは「あなたの心は思っている以上に無防備でささいな変化にも反応してしまう」ことです。

 

あがりやすいあなたであれば、

 

プレゼンで壇上に上がる

 ↓

大勢の聴衆が目に飛び込んでくる

 ↓

挨拶をすっぽかしてしまう

 ↓

やばい。失敗したらどうしよう…

 

といったことがあるのではないでしょうか。

 

このように、自分が思っている以上に、心は周りの環境に影響を受けます。

 

そのような外部から受ける緊張や不安は減らすことができます。

 

緊張や不安は「結果」に対するものか、「状況」に対するものかの二つしかないです。

 

「結果」に対するもの

準備でしか消すことができない

 

「状況」に対するもの

メンタル調整法で消すことができる

 

「結果」に対するものは準備や時間がかかるため、別の記事で書こうと思います。

 

一方、「状況」に対する緊張や不安はその場で消すことができます!

 

 

イメージで自分を大きくする

 

「状況」に対する緊張や不安を消す方法の一つとして、「イメージで自分を大きくする」ことが挙げられます。

 

どういうこと?と思うかもしれません。

 

例えば、あなたの足元にアリがたくさんいます。

 

そのアリたちに「うわ、見られている」と思わないでしょう。

 

そのように、自分を大きくイメージすることで、悩みの対象を相対的に小さくするのです。

 

具体的な例

あなたが会場に立ったら、会場後方の天井の隅、左右2か所を眺めます。

 

意識をそこに集中させ、じっと眺めます。

 

すると壁の汚れが目立つな、あの模様は面白い、といったことが目に入ってきます。

 

このときには、会場全体に気持ちが伸びているので、さらにイメージします。

 

「この会場は私の中だ」「私の心の中に会場がある」など。

 

ゆえにあなたの方が大きくなっている状況です。

 

この方法は、私も用いていますが自然と落ち着く効果があることを実感しています。

 

最後に、会場の前列左から一人ひとり眺めていきます。

 

「あの人ハンサムだな」「お、あの女性は美人だな」「あのおじさんは結婚しているかな」といった感じに意識していきます。

 

私がプレゼン前に、先輩からよく「聴いている人の顔を皆、ジャガイモだと思え」と言われましたが、

 

聴衆にしか意識が向かないので、自分を大きくイメージするには物足りないと考えます。

 

会場ごと自分の心の中に閉じ込め、自分を相対的に大きくしましょう。

 

 

「混乱法」を用いたメンタル調整法

 

これは、あなたが感じている不安や緊張をあえて意識のど真ん中に持ってくる方法です。

 

そんな感情は頭の隅っこに置いておきたい!と思うかもしれませんが、案外メンタル調整に効果的ですよ。

 

まず、あなたは聴衆の前であがってはいけないと思うはずです。

 

しかし、そう思えば思うほどあがってしまう状況でしたら、その感情に抵抗せずにあがっちゃいましょう!

 

え!?どういうこと?と思いますよね。

 

実はこの時、ただあがるのではなく「落ち着いてあがろう」「ゆったりあがろう」と意識します。

 

つまり、「あがる」と対照的な言葉を結びつけて脳を混乱させるのです。

 

そうすると、「落ち着いてあがるってどんな感じだろう」と考えるようになります。

 

あがりやすいあなたにとって、プレゼン前にそのような余裕を持てるか分かりませんが、実践すると気持ちが落ち着きますよ。

 

 

まとめ

 

今回は、緊張や不安を半分にするメンタル調整法についてお伝えしました。

 

緊張や不安を完全にゼロにすることはできませんが、あなたは上記の方法を実践することで、1/2には減らすことができます。

 

他にも効果的なメンタル調整法を無料メルマガで配信していますので、登録をお願いします。

 

↓無料特典も配信中!

発表が苦手な私がプレゼンのコツを実践して自信が持てるようになり、人前で堂々と振舞うことができるようになった方法

どんな場面でも「信頼される」「評価が上がる」「議論にも強くなる」…

そんなあなたに変わることができる内容となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。